学 名 
 Naria cernica cernica (Sowerby, 1870)
 和 名 
 ウミナシジダカラ (熟梨地宝)
 Data 
 Reunion Island, by diver at depth 20m
 Size 
  25.9mm    (Size Range: 10〜46mm)
 ひとこと
背中のオレンジ色と白斑が印象的。サイドスポットははっきりしない。大変に分布が広い種でいくつかの地方型も報告されているが、個体数は少ない感じがする。太平洋(ポリネシア・ハワイ〜フィリピン・日本)やインド洋〜南アフリカの10〜250mの岩・転石下に生息。
 日本産
 房総半島以南に広く産し、えび網やトロール、ダイビング等 で得られている。
How to get 
美しく人気のある貝のため、案外に高価。インド洋もの
番多いか?(20$〜くらい)ケルマディック諸島産
に数が少なく高価である。
´◆_縄・沖縄本島産  新鮮死殻 成貝  23mm 
ぁ/斉狎遏三浦半島産  打ち上げ 成貝  24mm 2005/12