学 名 
 Bistolida hirundo neglecta (Sowerby, 1837)
 和 名 
 サバダカラモドキ (鯖宝擬)
 Data 
 Iriomote Island, Okinawa, by snorkle at depth 0.5m
 Size 
  16.5mm    (Size Range: 10〜24mm)
 ひとこと
和名の苦労がしのばれるサバ一族。ただこの貝は学名(英名)もちょっとという気がするが。サバダカラよりサイドが肥厚して丸く平べったい感じになる。歯は強く短いのが特徴。個人的な見解だが、日本産のを見ると背前部のS字状の白帯の感じは安定しているようだが…。日本〜フィリピン〜東シナ海〜インドネシアに分布。潮間帯下の岩下または珊瑚礫下に生息。
 日本産 房総以南で記録。生貝がコンスタントに揚がるのは紀伊半島や九州以南であろう。
How to get 
フィリピンやベトナムのものを見かける。数$か。
 
´∪貝 20.5mm  2004/10  ぐ\貝 17.7mm  2005/10
       神奈川・三浦半島産 打ち上げ貝 
キΣ縄・西表島産 生成貝  15mm  2007/7