学 名 
 Naria poraria (Linne, 1758)
 和 名 
 アヤメダカラ (菖蒲宝)
 Data 
 Wakayama, Japan, found under soft coral at depth 3m
 Size 
  14.2mm    (Size Range: 10〜29mm)
 ひとこと
採った時はほとんど背が黒だったが、かなり模様が現れてきた(でも黒めだが)。この時はなぜかソフトコーラルの根元ばかりで見つかった。隠れ家か、食べ物なのか??腹面の紫のグラデーションが印象的な貝である。外套膜も紫がかっていて美しい。日本以南、タヒチ〜南西太平洋〜アフリカ東岸に分布、潮間帯〜30mの岩下や珊瑚礫下に生息する。
 日本産 房総半島・山口県以南。紀伊半島以南からは生貝も多く見られるようだ。
How to get 
フィリピン辺りの貝が多そう。タヒチ産のf.scarabeus
(Bory,1927)という型も時折見かける。数$か。
´◆/斉狎遏三浦半島産 打ち上げ 成貝 20mm  2005/2 
   沖縄・西表島産  幼貝 10.3mm  2008/7
ぁ  和歌山・串本産  生成貝  2004/7