学 名 
 Monetaria moneta (Linne, 1758)
 和 名 
 キイロダカラ (黄色宝)
 Data 
 Yonaguni Island, Okinawa,found at intertidal under
 coral rubble
 Size   15.2mm    (Size Range: 9〜44mm)
 ひとこと
宝貝の通貨として、古代中国などで使われたのはこの
種。南の海ではおなじみの貝ではあるが、この個体は
割合に丸っこいノーマルな型。
 日本産
房総半島以南。関東では秋・冬期のみ成貝が見られ、
に乗っていわゆる死滅回遊的なことを行っている
ようだ。ナビラダカラとともにかなり浅いところまで見
られる。
How to get 
 普通。特別な個体でないと値は付かないか。
´◆_縄・西表島産  生成貝  14mm  2008/7  痩せてゴツゴツしたフシダカ型。 
 神奈川・三浦半島産  打ち上げ若成貝 21.5mm 2006/12
ぁ  神奈川・三浦半島産  打ち上げ幼貝 19.5mm 2006/12
ァ  神奈川・三浦半島産  生幼貝 15mm 2006/11