ナシジダカラ(梨地宝) Erosaria labrolineata (Gaskoin,1849)
 やや深場に棲み、低水温にも強いため、当地でも冬を越しているようだ。打ち上げに比べ、生貝が
 見付けにくい貝の一つで、転石裏や穴の中に潜んでいるのか…?老成すると横が張りだして来る
 が、あまり当地では見ない。擦れ貝は背が紫色を帯びるのが特徴。擦れきった貝ではウミナシジと
 混同しやすいが、歯が粗く太いことで区別できる。
 ´ヂ任曽紊穏僚, 成貝23.7mm,  2005.2 A海岸
 ↓β任曽紊穏僚, 成貝20.8mm,  2005.10 A海岸
 打ち上げ採集, 成貝19.5mm,  2005.10 A海岸
 き打ち上げ採集, 成貝22.8mm,  2005.11 A海岸