サメダカラ(鮫宝) Staphylaea staphylaea staphylaea (Linne,1758)
  シボリダカラなどとともに、当地では成貝が冬を越しているとおぼしき貝。背中の色の濃淡、粒状突起
 の出方など、変異に富む。打ち上げできイ里茲Δ覆發里呂茲拾え、潮間帯にいる貝なので見付かり
 そうだが、この外套膜からもわかるとおり一旦隠れると海藻のようではなはだ見付けにくい。 
 ´∪験採集, 成貝23mm,  2006.11 潮間帯岩窪み下 K海岸
 生貝採集, 成貝21mm,  2007.12 潮間帯岩上 K海岸
 き打ち上げ採集, 成貝22.1mm,  2004.9 A海岸
 キ打ち上げ採集, 成貝11.6mm,  2004 A海岸