チャイロキヌタ (茶色砧) Palmadusta artuffeli (Jousseaume, 1876)
  メダカラとともに、最も温帯域に適応している種。当地ではメダカラに次いで個体数が多い。が、成長
 傷が入りやすく20mmを越える大型のGemはごく少ない。外套膜は真っ黒でよく転石裏の小穴に潜
 んでいるのを見かけるが、時に白昼堂々、干上がった海藻上に出て日光浴?しているのも観察でき
 た。 
 ´∪験採集, 成貝20mm,  2007.9 水深1m 転石下 A海岸
 生貝採集, 成貝17mm,  2003.7 K海岸
 き打ち上げ採集, 成貝21mm,  2004.9 A海岸
 キ打ち上げ採集, 幼貝7.2mm,  2005.12 N海岸