シボリダカラ (絞り宝) Staphylaea limacina limacina (Lamarck,1810)
  5月の連休時にも生成貝を得ており、当地で冬を越している貝であることは間違いなさそうだ。
 背の白斑はほとんどが平滑で、疣状に膨れることはまず見ない。外套膜はヒジキなど潮間帯に繁
 茂する海藻によく似ており、紛れ込まれるとかなり見付けにくい。 
 ´↓生貝採集, 成貝31mm,  2005.11 潮間帯岩窪み下 K海岸
 き打ち上げ採集, 成貝27mm, A海岸
 キ打ち上げ採集, 亜成貝18mm,  A海岸