学 名 
 Talparia talpa  (Linne, 1758)
 和 名 
 タルダカラ  (樽宝)
 Data 
 Kushimoto, Wakayama, on coral at depth 2m
 Size   63mm     (Size Range: 23〜106mm)
 ひとこと
英名mole cowry(もぐら宝)。和名のほうがいい感じ。外套膜は黒に細かい白点、さらに突起がにょきにょきあって海鼠か珊瑚かとも思わせる。日本以南ハワイ〜パナマ〜豪州〜インド洋〜アフリカ東岸に分布、潮間帯以下浅海の岩下や珊瑚礫下に生息する。アフリカ産の個体はimperialis(Schilder&Schilder, 1938)というフォーム。形が小さく背中の色が淡い感じ。
 日本産
伊豆半島以南。多くなるのはやはり南西諸島以南か。
How to get 
割れ傷が多くいい状態のものは少ない。フィリピン産の
をよく見る。数ドル〜。
´↓  和歌山・串本産  生成貝  76.6mm 2005/7