japacowries065003.jpg
 学 名 
 Eclogavena luchuana (Kuroda, 1960)
 和 名 
 リュウキュウダカラ  (琉球宝)
 Data 
 Iriomote Island, by snorkling under coral slub at
 depth 1.5m
 Size   17mm      (Size Range:15〜25mm)  
 ひとこと
現在唯一の?日本固有種。マメシボリダカラに似るが、殻頂部に褐色斑がはっきりあらわれ、背中には特に模様や帯が現れない。前後端部にも斑点は通常現れないのが特徴。沖縄に分布、潮間帯の岩礁や珊瑚礁の転石下に生息。なお、この個体は西表島産だが、同島の個体は全体に小型で、外套膜突起が紅色(他地域は黄色系)、歯間が紫褐色になる特徴がある。
 日本産 沖縄各島に産するが局地的なようだ。 
How to get 
やや少ない。10$内外?
japacowries065005.jpg
japacowries065004.jpg
japacowries065002.jpg
japacowries065001.jpg
_縄・西表島 生成貝 17mm 2010/7 沖縄本島  生成貝 18mm 2011/12