japacowries067001.jpg
 学 名 
 Lyncina leviathan leviathan (Schilder&Schilder, 1937)
 和 名 
 ハワイクチムラサキダカラ (ハワイ口紫宝)
 Data 
 FT.Kam atolls, Oahu Island, Hawaii, by diver found
among  coral slabs at depth 20m
 Size   67mm      (Size Range:35〜130mm)  
 ひとこと
クチムラサキダカラとは大型でガッチリしており、外套膜の突起がブラシのようになっているのが主な区別点。タイタンクチムラサキに比べ、両サイドや両端がよく肥厚し、疣状の突起があらわれてごつごつした感じとなるのが特徴というが、微妙な感じである。日本?〜ハワイ周辺海域の浅海の岩や礫下に生息。
 日本産 紀伊半島以南。多くなるのは南西諸島?下記の貝はタイタンというよりこちらの特徴が出ている感じだが。
How to get 
傷ものが多くGEMは稀。大きくて立派な個体も少ない。
そこそこので50$以上か。
japacowries067003.jpg
japacowries067002.jpg
liviathanw.jpg
hawaiimuuyuy444.jpg
´◆_縄・西表島産  打ち上げ成貝  46.5mm  2006/7
ぁ]族了魁Χ本産  打ち上げ成貝  50mm 2013/7