学 名   Cribrarula cribraria cribraria (Linne, 1758)
 和 名   カノコダカラ (鹿の子宝)
 Data 
 Wakayama, Japan, under slabs at depth 3m
 Size    22.55mm    (Size Range: 11〜45mm)
 ひとこと
この個体は鹿の子模様に魅せられて幾年月、生まれて初めて採集したもの。うれしかったがその次の日えらい目にあった。紀州の小鹿の呪いと人はいう。通常無斑だが稀にサイドにスポットのある個体も見つかる。日本以南の太平洋〜インド洋、潮間帯下〜浅海の転石や珊瑚礫下などに生息する。人気のある仲間ゆえ分類もやたらと細かい。
 日本産 房総半島以南。南紀あたりでも生は見つけにくい。 
How to get 
サイトでよく見るのはフィリピン産のもの5$〜くらい。
´◆]族了魁Χ本産  成貝  18.4mm  2009/7