2007.7.29〜 南国X島夏修業
   その2:「どつかれ探索の果てに…!?
 
…横笛浜から岬を望む。リーフエッジははるか沖。
 
…横笛浜。まだ9時前だがかなりの暑さ。毎日毎日えらい量の
水分を摂っている。ちなみに私の好みはさんぴん茶。関東では
見たことないが。
 
 
…疑問の残る千鳥たち。左テツアキチドリ。その右の大きめのが微
妙で、形や殻・螺頂の褐色斑など雰囲気はチドリ。だが色はコゲチ
ドリ。うーむ。ちなみに右の4つはコゲチドリ。左上の一個が昨日ここ
で打ち上げで拾ったもの。あとはC浜産である。さて?
 
 
 
…コモン岬での価値ある一品サバ。オレンジの触角と
黒の点目がかわいらしい。外套膜は綿埃のよう。
 
 
 
…コモン幼貝?腹足が大きくて殻からはみ出している。
 
 
 
…コモン岬での収穫。左コモン・中上サバ・下サメ・右ミカドミナシ。
ミカドミナシはこういう感じの個体もあるらしいが。
 
 
 
 
 
 
…某巨木。何が何だかわかりにくいが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…ソバ屋最寄りのH浜。まことにのどか。でも酷暑。そして無人。
 
 
 
…左ヤクシマ。右の4つの内3つがナツメモドキ。右下がエダカラ
FD。ナツメはどこかにいそうなんだがなあ…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…やっときましたハチジョウダカラ。明るいところはお嫌いの様子。
活発に動き回る。
 
 
 
 
…軟体・殻とも黒ずくめ。しかも大きいので重厚な迫力がある。ムラ
クモとこの角度の不気味さではいい勝負。
 
 
 
 
…大きさは左66mm、右68mm。やったあ。
 
X島3日目:7月31日
 
…本日、快晴。灼熱の暑さになることは必定。波の状況も相変わらずである。さて、本日は昨日リサーチしたあの岬で勝負を目論む。午前中一探索して、駄目そうなら白クマ岬東を狙う所存。さてどうなりますか。
 
朝9時前、昨日のリサーチ通り、まず横笛浜に降り立つ。道々リュウキュウアサギマダラが乱舞している。潮はほぼ満潮といったところで、打ち上げをざっと見たが特に気になるモノはなし。ついでに横笛兄さんの姿もなし。とっとと着替えて海に入ることとする。
 
やはり気になるのは岬先端。エントリー後、岸沿いに先端を目指す。水深は深いところで3〜4mくらいか?結構大きな岩や珊瑚礫がごろごろしており、期待が膨らむ。めくり始めると早速ハナビラが登場。が、後は続かず。いやな予感が頭をかすめる。
 
探索しつつ岬先端へ到達。と、予想されたことだが、ここはかなり潮の流れがある。たくさん海胆穴が開いた大きな岩がいくつもあり、そこはかとなく期待感が高まる。流れに翻弄されながら探索すること数刻……………いない。
 
いつも岬や浜に勝手に名前を付けているが、「イマセン岬」じゃねえ…。やや潮が引き始めたので、少し沖目に向かう。深さ2m弱、黒っぽい藻類の生えた珊瑚礫が多量に転がっている。珊瑚は白化したのがちらほら程度。まあめくるものが多いというのは良い傾向だ。ここは何か出そう、と集中して探索。
 
…と思ったら出た。コモン。隣をめくるとまたコモン。密集、というほどではないが次々と出てくる。またコモン。お次もコモン。
 
「コモン岬で決まりか…。」
 
水中で命名する。もっと別の名前をあれこれ妄想していたのだが。うーむ。
 
いささかぐったりしつつ、あらわれたアオスジウミヘビに導かれさらに沖へ。生きた珊瑚が続々現れ出す直前のところで転石を試みる。ここもコモン。ある石の下からようやく違うお宝が、と思ったら、チドリ系の死殻が二つ転げ出る。一つは大きめのテツアキチドリ。もうひとつはチドリ…なんだが色が変だ。海中で貝を眺め首をひねること数十秒、取りあえず後で精査することにしてキープ。
 
一応エッジがどうなっているか見てみよう、とさらに沖へ。透明度はイマイチだが、C浜などより一気に深く落ち込んで豪快な感じだ。息抜きに小魚の群れの中で泳いだ後、暗がりや小穴を覗いてみる。お約束のハナマル以外は特に見あたらず。くぼみにミナミサメ風のサメFDがあったのでキープしたくらい。いささかくたびれたので一旦浜へ戻ることにする。
 
浜で補給をしながら考える。移動するか?白クマ岬東部と比較して、多分転石の多さはこちらの方が圧倒的。今までコモンばかりだが、居ないよりはやはり期待が持てる。「転石採集はめくった数に比例する」というわかりやすい名言もあることだし、とことんめくってやろうじゃないの。
 
…ということで方針決定。岬を回り込んで先ほど行かなかったキタイ浜沖を狙うこととする。
さて、再度出動。潜ってみてわかったのだが、こちらの方がエッジまでの距離が短い。エッジからかなり深いクレバスが何本も浜に向かって伸びていく感じ。クレバス内に良さそうな転石がいくつもあったのだが不発。今度は茶色いウミヘビが登場、一瞬捕まえようかと思ったが危険すぎるので止めておく。
 
時間も4時近く、干潮が迫っているので珊瑚の上を泳いで戻り、黒海藻コモン地帯で一勝負かけてみることにする。案の定ぼつぼつ出てくるのはコモン(一つだけキイロ)。うーむ。
 
時計を見ると4時半過ぎ。朝から数えていくつ目の石になるのか、50cmくらいの珊瑚礫を返すとコモン。苦笑しつつ隣のやや小さめの礫を返すとまたコモン。朝もこのパターンがあったなと思いつつさらに隣の30cmほどの礫を返す。と、砂煙の中に落ちていく小さいお宝の姿。背中にブロッチ。
 
砂煙が消えるのももどかしく拾い上げる。
 
 
サバダカラ!
 
地味な貝だが、地元神奈川でも打ち上げでお馴染みの貝。ようやく生に会えた。
 
強欲モード発動、さらに周囲の礫をめくると幼貝が登場。色形状況から判断するにコモンであろう。さらに転がっていたイモガイを一つ追加したところでさすがに疲れを感じ、時間も5時をまわったので撤収した。後は宿での冷え生勝負だ!!(またかよ…いや、これでいいのだ。)
 
 
X島4日目:8月 1日
 
今日から8月。とはいえ何かもう曜日や日にちの感覚がなくなりかけている。今日もまたギラギラの快晴。本日は夕刻に車を返すことになっており、早めに揚がらねばならない。
 
朝、せっかくなので車を飛ばし、某有名植物群落を見に行く。観光地には興味のない私だが、実は植物系天然記念物・巨木好きで、地図に印が付いているとつい見に行きたくなる癖があるのだ。何分かぼーっと眺めてすぐ引き返して来るだけなのだが。
 
スーパーで補給品を整えた後、今日は白クマ岬東を攻めることにする。ここはどちらかというと砂底系で、珊瑚礫がぼちぼち、といった感じ。本日もほぼ満潮時のスタート。ラグーンで転石を試みつつ前へ進む。居たのはコモン。それにしてもここも去年に比べると透明度が低い。また日々長時間探索を続けたせいか、今日はどうにも体が重く、集中しない上に、うっかり水を飲み、慌てて足をばたつかせたらフィンがはずれる、などというミスも。気をつけなきゃ、と思いつつもぼーっと探索を続ける。が、比較用にハナマル・キイロをキープしたのみ。
 
明日はこの島を出るので、リーフエッジの珊瑚や魚も見ておこうかと前進。脱力して浮かんでしばらく眺める。
 
…と、エッジ付近の小さな深みに腹を見せて転がっているお宝を発見。何とか拾い上げるとエダカラFD。その後、海面を浮かぶ発泡スチロールを見付け、寄りかかりながらしばらくぼーっと流しつつ考える。そうか、荷物の重さにめげて、2日前ナツメ狙いの探索をし損ねたんだっけ…。
そこで浜近くに戻り、超浅場転石に。キイロ・ハナビラは相変わらずだったが、ナツメ系は出ない。うーむ、どうしてくれよう。
 
…時計を見ると12時。突然、2日前に振られたそば屋のことを思い出す。やめたやめた。こんな調子ではさらにくたびれるばかりだ。そばを食おうそばを!…ということで撤収。
 
車を飛ばし、今日はしっかりと営業中の札を確認してから店に入る。ソーキそば(竹の子入り)というのを食し(塩の利いたあっさり味)、落ち着いたところで次を考える。時間は14時過ぎ。車で移動するにしても遠くは無理だ。
 
そして、私の出した結論は…。
 
 
 
…店を出て、数十m先の浜へ出る。ここは前日勝負したコモン岬から入り江を隔てた反対側に当たる。潮はかなり引いている。磯採集で1時間半勝負といこう(よく考えたら、炎天下の磯採集より、海の中の方が涼しいのだが…。2日前と同じことをやっている)。
 
日焼け止めを塗りまくった後、右手の磯浜へ向かう。低く平らな磯に転石がちらほら。砂泥をかぶっていてナツメ系もいそうな感じ。取りあえずお宝ラインを確かめるべく転石。すぐにハナビラ、そしてキイロ。アンボンクロザメのどでかいのが転がっていたので、思い出用にキープしてみる。重い(当たり前)。
 
深さ50cmほどの潮溜まりがあったので何気なく中の石を返すとヤクシマが転げ出る。これは普通のヤク。これ幸いとアンボンクロザメをリリース。その付近の転石を続行。っと、ようやくナツメ系が顔を出す。つまみ上げて歯の色を見るべくつつき回す(こいつらはなかなか外套膜を引っ込めないので)。わくわくして待ったが、案の定歯間はモドキの白(レアなナツメダカラは黄)。
さらに2つめ・3つめを見付けるも、モドキっち。
 
時間は3時近く。今日の日差しはことのほか強烈で、頭がくらくらしてきた。戻ろうか、と思ったが、もう少し先が気になり、荷物を置いて足をのばしてみる。と、ミニ千畳敷風というか、平らで低く広い岩浜に出る。その先は昨日のコモン岬のようなゴロタの多そうな海岸のようだ。戻ろうか、と踵を返しかけた時にこの岩浜に十数個、5〜6mほどの大岩が点在しているのが目に入る。
 
…と、その時漠然と思い出したのは、以前のオフ会での雀さんの言葉。
 
 
「干潮時、大岩の下の隙間の奥の奥に、○○○○○が…」
 
 
まさかね、と思いつつ覗いてみる。下は砂泥をかぶったヌルヌルの浜。地面すれすれをのぞき込むには膝をつかねばならぬ。日よけの帽子も邪魔なので背中へ回し、思い切りかがんで隙間をのぞく。
 
 
 
1つめの岩。大きなカニと目が合う。
立ち上がると頭がフラフラする。むむむむむ。
 
 
2つめ。何かの巻き貝とカニ。日差しがきつい。
 
 
3つめ。何もいない。漁り火の時、波打ち際でのちょっと見のあのクラクラ感と同じだ。
 
 
そして4つめ。
 
 
…………………!!
 
 
 
…態勢がきつかったので、一度立ち上がりもう一度のぞき込む。
 
 
漆黒の地に茶色水玉。
 
 
間違いない。0.3秒で右手を突っ込み、引きずり出す。
 
 
 
 
 
ハチジョウダカラ!!
 
 
…この色と重厚さにしびれて、子供の頃欲しくてしょうがなかった夢の貝。
 
ついに、我が手に!誰もいない浜で一人感激。
 
 
 
と、約1分後(速い?)超強欲モード発動。まだ岩は6個ある。時間はないがこれは見ずにはすまされぬ。日差しがきついのはもう忘れた(おいおい)。
 
4つめの岩の近くに死殻も見付ける。やっぱりいる。この殻はスルー。
 
 
5つめの岩。何もいない、と思い立ち上がろうとした時、奥の奥に何か丸く細長いシルエットが見えた。暗くてよくわからないが、細かい突起が出ているような…??ヤクシマか?
 
目印にタオルを置いて荷物のところまで戻り、ピンセットを手にして早速つついてみる。外套膜が縮み、模様があらわれる。よし、ハチジョウ!
 
ほとんど地面に這いつくばるようにして(手足が泥まみれになるが知ったことではない)、ピンセットを突っ込み先端でつつくと、貝は横転した。しかし、ピンセットでは先端しか届かない。もう少し長い棒でも、と周囲を見回すがそんな都合のいい話はない。再度覗くと、貝の横手からわずかに光が漏れているのが見えたので、そこからピンセットを突っ込み、出口に向けて打ち出す作戦を試みる。
 
1…2…3!!  
 
…手応え、あり。
 
出口からは珊瑚のかけらが転げ出た…だけ。
 
??と思い、隙間をのぞくと貝の姿が見えない。
やっちまったか、と慌てたが、気を取り直して角度を変えてのぞくと、良かった、手前に来ている。隙間に挟まった石の陰に入り込んでいたのだ。安堵して、右手を突っ込み、指に挟んで引きずり出す。やったぜ2個目!!!
 
気がゆるんだのか、頭がグラグラする。一気に日差しのきつさが戻ってくる。その後、残りの岩もチェックしたが、これ以上は見付からなかった。
 
戻り際、ペットボトルの水を一気に飲み干す。生暖かい水だったが、久々に気絶するほどうまい水だった(その後、販売機で買った冷たい茶も、宿での冷え生もうまかったけれど…)。
 
                   (おわり?)