c40b1279.gif
2013.7.13〜15 南紀オフ貝2013
               〜波浪グッバイ編
c40b1054.gif
myweb1140001.gif
1日目:2013年 7月13日(土)  「♪紅茶の美味し…くない、ファミレス」
 前夜遅く南紀入りした私。仕事に追われてろくに下調べをしていなかったのだが、車窓から目に飛び込んだ海は…物の見事に波打ち際牛乳地獄状態、さらに波浪注意報付き。…うーむ。
 
 まあ、明日は何とかなるさと、某鮨屋で一献傾けた後、閉店間際のパチ屋で運試しを試みる。…結果は鮨代+酒代に若干のおまけ付きと好成績。とはいえ「こんなところでツキを使うのはどうなのか?」という疑問も頭をよぎるのであった。
 
 一夜明けた朝。宿舎からいつもの集合場所へ。朝の気象情報では相変わらずの波浪注意報付き波高3m。いつもは南風の卓越する事の多い地域なのだが、ナルトと高気圧の塩梅か、もろに西風が吹き付けている。
 
…牛乳地獄。飛び込むのは命知らずのみ。
 
…不如帰印新製品,宝ピンセット。接合部分は企業秘密だそうです(笑)。
 
…Pポイント。一見、行けそうだが…?
 
…不如帰印新製品恒例漁火ライト。ついに1万ルーメンを超えたアメリカ製(軍用)。価格は高級Zoilaクラス。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<広告>超人気サイト管理人にしてお宝ハンター激賞、超光量ライトが新登場!
 
 
…驚異の13800ルーメン!窓を照らせば近くの民家も目覚めるほどの明るさ!!しかも、完全防水!ついに面倒な梅酒の瓶ともおさらばです!!
 
「このような美しいタルダカラもより美しく!翡翠の原石の中身ももうこれでばっちりわかりますね。これであなたも一人勝ち!」
 
大阪府:あさきちさん (使用者個人の感想です。)
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 集合場所には見慣れた人影がちらほら。再会の握手を交わしたのはくだまき会長(今年もコーディネート有難うございました)・百舌鳥さん・不如帰さん・きつきつぼさん・あさきちさんという重厚な??メンバー。再会を懐かしく思っている矢先、百舌鳥さん曰く「もう移動するところでした」…って、おいおい。
 
 
 
 干潮は午後とあって衆議一決、まずは打ち上げの聖地Xポイントへ。天気は上々だが、降り立った浜は豪快な白波。うーむ…。
 
 気を取り直して貸し切り状態の浜へ散る男たち6人。砂を掻く音と波音が響く夏の日の朝。しかし、最も早く集中力が切れたのはやはりあのお方、不如帰さん。何を思ったか「ガスの極み」を連呼して朽ちたハナマルを集め始め、仲間を増やそうとでもいうのか、あさきちさんにまとわりつく(ガス宝に侘び寂びを見いだす、と言えばありがたみを感じる人もいるのかも知れないが…)。
 
 そうこうしている間に@メさん・Pika1さんも合流。私の収穫はそこそこきれいなテンロク・ツマベニメ、その他は後学のためのオトメフデ系ほか。勝手知ったる会長はジュズダマを見つけてあさきちさんに下賜される余裕。さすが。
 
 
 
…昼も近くなり、お馴染みの「ここしかない」レストランへ。ここで今回飛び入り参加、カガミガイがお得意?の学生さんも合流。味のしないミルクティーに百舌鳥さんと二人後悔しつつ、そそくさと日替わりランチを胃に収める。
 
 昼食後、Xポイントを再度攻める浜組と別れ、闊歩するサーファーを横目に、あのポイントならと不屈の潜り組5人衆(百舌鳥さん・不如帰さん・きつきつぼさん・あさきちさん・私)が向かったのはお馴染み「イラモの楽園」Pポイント。ここは滅法南風に強い貴重なポイントなのだ。しかし、西風が吹きすさぶ今日、延々と行軍した一行の目に入ったのは珍しく波荒れ状態の海。それでも、他のポイントに比べればまだましか。昨年効果的だったイラモ除けの二重手袋で武装し、新調した足ひれを装着して海中へ滑り込む。
 
 
…やはり波に揺さぶられ、浅場では濁りもかなり。何とか転石を続けながら沖目へ。メとハナビラ、ヤクシマがちらほら。濁りが少なくなるであろうキノコ岩周辺に狙いを定めて前進する…が、これは結果的にはミスチョイス。波にもまれて転石もままならなくなり、前進を諦めて浅場へ。一通りのレギュラー陣にはお目にかかったが、残念ながらキープ品はなし。
 
 他の猛者たちも苦戦する悪条件の中、唯一アミゲス三姉妹をゲットしたあさきちさんに賞賛の声と嫉妬の歯ぎしりが浴びせられる結果となった(この顛末はあさきちさんのHPでお楽しみください)。その後、百舌鳥さんらが打ち上げられた乾燥イラモを腹いせにあのお方の鞄に美しく飾るなど侘び寂びの極み(笑)。
 
…かと思えば揚がった後、あさきちさんは突然かかってきた電話から、丸ごと落とした財布が無事戻って来るなど、そのラッキーボーイぶりには一同ただただ感服するのみであった。
 
…なお、再度Xポイントを攻めた浜組では、@メさんが会長をも唸らす驚愕の品をさりげなくゲット。見事一人勝ちの栄誉?に輝いた模様。
 
 
 
 
 
 夕刻、丘の上の宿舎で悔し(嬉し)涙と汗をシャワーで流し、一同は恒例超高級昆虫スーパーで食物を仕入れた後、四度目となる馴染みの会場へなだれ込む。
 
…本日大活躍のあさきちさん音頭での乾杯の後、鮨があっという間に消え、絶妙の呼吸で貝標本が登場し、恒例のエンドレストークへ。会長を初めとした皆さんの驚愕の標本などにのけぞる中、お馴染みの不如帰印新製品も登場、丘の上の会場は夜が更けるまでグチャグチャトークが展開していったのでありました。
 
                     (つづく)