c40b1279.gif
2013.7.31〜8.5 南国X島夏修行宗舛修裡  
c40b1054.gif
myweb1145001.gif
第4日目:2013年 8月3日(土)  「炎熱の行軍の果てに」
 貧果の中、昨日の一発で息を吹き返した感のある男は、次なる狙いを男浜へと定めた。お宝の匂いが濃厚だった一昨年から一転、去年はさっぱりだったのだが、果して今年はどうか?昨日以上に酷暑の予報が出る中で、かなりの行軍をせねばならないポイントだが、エッジ付近でヤギ類が見られるのも気になる所だし、男浜の所以となったシンボル岩の近辺は未探索だったため、一度しっかり見ておきたいという思い。昨日の反省からロマンティックなスーパーで麦茶を多めに準備し、長丁場の行軍に備える。
…男浜。波静かだがエッジ付近は…。
 
…男浜エッジ付近。
 
…男浜にて祈願の?記念撮影。罰はてきめん(!)
 
…左上からイモフデ・ベッコウフデ・シオボラ・マアナゴ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…C浜。エッジ付近はいつもの様相。
 
…ヤクシマ集合。
 
…ようやくお宝の匂いにたどり着く。上段ヒメホシ・ヤナギシボリ×2・
サバ。下段FDナシジ・チドリ・エ。
 
…左シロアンボイナ、右ウズラガイ。
 
 
 
…最後にいい感じのチリメンで〆。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…最後はオオミノムシ。(しゅりさん、ありがとうございました。)
 
 
…着替えを済ませて行軍開始。潮はやや引き加減。まずは八畳敷を目指す。幸いなことにやや雲があるため、陽射しが時折さえぎられる。とはいえ、八畳敷についたときは滝のような汗であった。
 
 一休みがてら岩下をのぞく。ただ、まだ完全な引きでもなく、あまり根を詰めると頭がクラクラしてくるのでほどほどにしておく。今年はどうかと思ったが、残念ながらハチジョウは現れず。まあ、まだ水面下にある岩のあたりにいそうな感じだが…。お呪い代わりに岩下に転げていたイモフデの生貝(初めて見たので…)を袋に入れる。
 
 
…ここが目的地ではないのでさらに先へ。雲から太陽が顔を出すとそれだけでクラクラする感じ。間断なく水分補給しつつ浜を行進し、しばらく歩いた砂浜の片隅に荷物を下ろす。たまらず麦茶と黒砂糖を大量補給。ここまでで麦茶の半分が消費されている。見渡すとエッジ付近にはそこそこの波。探索しづらいな、というネガティブな考えと、潮の流れがある方がお宝の可能性が、というポジティブな考えが交錯する。
 
 
 一息入れて準備し入水。まず浅場は後回しにしてエッジ付近へ。狙いはクレバスがつながって傍目にも潮が巻いているように流れているポイント。流れに翻弄されつつ、何とか体を確保して探索開始。台風の余録か、珊瑚の繁茂した下側に礫が結構突き刺さるように入り込んでいる。何か気配を感じ、暗がりを見つつ、スクレイパーを駆使してこうした礫を引っこ抜いてみる。
 
 
…が、残念ながら不発。なぜかキイロが出たくらい。狙いは悪くないと思ったのだが…。昨年はちらほら見たエッジ付近のヤギ類も今年は見えず。うーむ。後学のためにいくつか転がり出た他の貝をいくつか袋に納める。
 
 
 時間はほぼ正午。帰りの行軍も考え、用心して一旦浜へ戻って補給と休憩。オカヤドカリと遊んだ後、今度は上げ始めた浅場狙いに。
 
 今年は如何に、と思ったが昨年以上に生き物の匂いが薄い。お宝はおろか他の貝も圧倒的に少ない。ひとしきり探索した後、何だかなあ、と思いつつ上陸。うーむ…。
 
 
 やりきれぬ男は男浜たる所以のシンボル岩で記念撮影して探索を続行。…などとふざけた行為に海の神が怒ったのか、いつの間にやらピンセットをロスト。紐からはずれかかっていたので懸念していたのだが…。結局見あたらず男浜への奉納品に。
 
 
 切ない結果に気持ちも削がれ、潮もだいぶ満ちてきたので早めの撤収。結局ここでも生宝に振られた男が長い道のりを戻った時には、ちょうど麦茶もすべてカラに。詮無き男は宿の生に向かって一直線に向かうのであった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第5日目:2013年 8月4日(日)
 
「お宝の匂いを求めて」
 
 気がつけば今回の修行も残りわずか。明日は昼には島を出るため、潜り探索できるのは今日一日。エッジ付近はともかく、浅場のお宝の薄さはどうしたことか…普通もっとも浅場にいるはずのハナビラ・キイロもあまり見かけないし、暑さに辟易して深めに移動しているのか?とにかく、潮の動きのあるところの方が良さそうな感じがする。
 
 まず考えたのが宿近くのC浜。極端にエッジからの距離が短いため、潮のあたりだけはよろしい場所。裏切られることが多かったので今回は避けていたのだが、チドリ系やチリメンも時には上がる場所でもあるし、何より長時間行軍しなくても良いのがメリット。ただ、もう一つ、以前ムラクモを獲たことがある白クマ岬付近のエッジの様子もやはり気になるところ。どうしようかと宿を出る時にも迷っていた。
 
 取りあえず、物資調達をと車を出そうとしたところ、あれ?エンジンがかからない。仕方なく車屋に電話をかけ、代車を用意してもらう。あまり時間のロスがなかったのが不幸中の幸いだったが、白クマ岬行きは何だか面倒くさくなって結局C浜へ。
 
 
 いつも最初に来るC浜だが、今回は最後の砦。とはいえ、打ち上げはきれいサッパリで何もなし。ここはいつも潮が速いためかエッジ付近はそれなりの波。まあ、いいやと覚悟を決めて海中へ。
 
 
 まずはエッジ近辺を。でかいウツボと鉢合わせしておののきつつも探索。サンゴ礫はあまりなかったので暗がりを中心に見ていく。ハナマルはここも元気。地続きのB浜はやたらにカラッパに真っ二つ、の貝が目立ったが、こちらはそうでもない感じ。さてどうか、と探索を続けたが残念ながら不発。少し戻って生きた珊瑚やソフトコーラルが繁茂するあたりを狙ってみる。ただ、ちょうど波が砕ける付近でもあり揺さぶられ方も格別。踏ん張りながらこれはという礫をめくっていく。
 
…と、ようやくお宝が登場。サバ。馴染みではあるが、ようやく違う色のお宝が登場。よしよし。さらに近くの大きな礫下でヤナギシボリ。さらに黒っぽいヒメホシ。何となくほっとする顔の登場。狙いは間違っていなかったか。
 
 
 ここで一旦補給のために上陸。一休みの後、浜の端のクレバスがすぐ近くまで来ているエリアへ。大波の時、ここから潮が吹き上げるためか、以前にも海中でテツアキチドリのFDを獲たことがある場所。波は格別だが、台風のおかげか、エッジ近辺にサンゴ礫が結構上がって来ている。
 
 
 これはと思い探索開始。すぐにヤナギシボリ。さらにヤクシマ3発。ハナマルはぞろぞろ。お宝の匂いの濃さを感じつつ続行。死殻でもナシジ・エ若成貝と続く。さらに水管が残ったチドリ。ようやく袋にいろいろとお宝が収まってきた。
 
 
 しかし、波での揺さぶられは格別。さすがに疲労を感じ、時計を見ると4時。上がろうか、と戻りかけるとウニ穴に何かがはまりこんでいるのが見える。ピンセットを紛失したため、スケールを取り出してほじくり出す。見ると、摩耗しやすいヒレの部分も良く残ったFD。
 
 
 
 
チリメンダカラ!
 
 
 
よしよし。最後に格別なおまけをもらった感じで上陸撤収した。
 
 生貝になかなか出会えぬ状況の中、ようやく匂いを感じる場所で、お馴染みの顔に出会って楽しく採集することができた。何となくほっとした男は、次の目標である宿の生へ向けて転進していったのでありました。
 
 
 
 
 
 
第6日目:2013年 8月5日(月)
 
 
 いよいよ最終日。今日は午前中に車を戻さねばならぬため、潜りはやめて打ち上げを見ていく。向かったのはF浜。台風の余録がないか、と浜を往復したが、シワミノムシが一つ。ヤドカリも姿が少ない。ふーむ。
 
 さらにキタイ浜の状況が気になり寄ってみる。まだ良く見ていない貝溜まりがあったのでつついてみるが、これといった収穫はなし。
 
 
…ここでタイムアップ。未曾有の猛暑の中、生のお宝になかなか巡り会えない苦しい展開ではあったが、最後に顔も見られたし、打ち上げ方面でホームランも出たので、それなりに楽しめた9回目の夏修行でありました。
 
 
 
                     (おわり)