学 名   Pseudopusula sanguinea  (Sowerby, 1828)
 和 名 
 メキシコバライロボタン (メキシコ薔薇色釦)            
 Data 
 Gobemadora Island, Panama, found under coral
  rubble at intertidal
 Size   11.8mm    (Size Range: 7〜15mm)
 ひとこと
この種を含め北米〜中米に産する褐色〜紫褐色のシラタマガイは、NiveriaやCleotrivia属などに置かれていたが、近年の分類研究(Fehse&Grego, 2014)により新属Pseudopusulaが設定され、そこに分類された。当HPではその分類に従い該当しそうな種を移動したが、数種を除き詳細な研究はこれからであり、暫定的な扱いであることをお断りしておく。殻は厚みがあり暗紅色と白線のコントラストが美しい。さながら何か高度な電子回路の如し。カリフォルニア半島〜メキシコ〜ペルーに分布、潮間帯の珊瑚礫下などに生息。
How to get 
美しいので人気がある。十数ドル〜。